熱海→茨城

長崎国際ゴルフ倶楽部では、私が災害支援活動を始めてから、被害に遭われた被災地の酒屋さんからお年賀用のお酒を購入するようにしています。

今年は熱海から購入させていただくことになり、災害支援仲間からお繋ぎいただき、被災された酒屋さんにご寄付をさせていただけるような形としました。
前回前々回の熱海行きは暖房器具や生活用品などの支援物資を熱海に運びましたが、今回は逆に熱海ではニーズがなかった分の家具を佐賀県武雄市や大町町の被災者の方にお譲りいただけることとなり、受け取りもさせていただきました。
お酒や家具など、お手配いただきましたONE TEAM様・テンカラセン様、ありがとうございました!

今回の熱海行きの段取りをしている出発前…
訃報が入りました。
昨年、人吉市へボランティアバスを走らせた時に、現地での作業の際にお世話になった方が、熊本→茨城(鬼怒川の被災地)→熱海に着いた途端亡くなったとのこと…44歳の若さでした。
ちょうど熱海に行くことになっていた事もあり、NPO法人有明支縁会として供花を送らせていただき、お別れもしてきました。
人吉でお会いした時に、「草野さんとは以前お会いしましたよー尊敬しています」とまで言ってくださった服部さん…服部さんの分まで、頑張らせていただきたいと思います!

また、その服部さんを我が子のように思い、私のこともいつも応援してくださって方がおられるのですが、その方は先日盗難に入られて全国ニュースにもなった茨城県の【元気村】代表の方…更なる悲しみに落ち込んでおられるのではないかと心配で、熱海から茨城までさらに走りました。
気丈に振る舞っておられる感じがして心配でしたが、私自身も気をつけながら、活動をさせて行かなければと感じさせていただきました。
そこでは高齢者の方や障がい者の方の支援をしている私に、車椅子のご寄付をいただきました。

日本各地で災害が事が起こり、ご縁のある方の人生にもまたいろいろなことが起こります。
たくさんの人が生きている世の中で、繋がるご縁を大切にしながら、生きて活きなければと強く思います。
ありがとうございました!

NPO法人有明支縁会理事長・草野紀視子