雲仙倫理法人会にて講演

NPO法人有明支縁会の理事をしていただいている宅島建設の社長よりお声かけいただき、朝6時から講演をさせていただきました。
「支え合い助け合いの社会を目指して」という事で、これまでの活動やその思い、そして生きる道として私の人生の学びから大事だと感じた事などをお話しさせていただきました。
私の親との関係の事でもお話しさせていただきましたが、講演が終わった後に、「なかなかうまくいかない親子関係で親への感謝の気持ちとなれたのはどうやってですか?」と御質問いただきました。
親を選んで生まれることはできない・その生まれた環境がら自分の学びをいただく場と捉えることにより、親への感謝する心を持つようにしたことからと、答えさせていただきましたが、何かお力になれることがあればと考えています。
今日は雲仙の噴火災害から30年…
この大事な日に雲仙市にて災害支援のお話をさせていただいたことにまたご縁を感じるとともに、今日新たなご縁をいただいた皆様にも感謝の日となりました。