25,000人の方々・ありがとうございました。

2月より、新型コロナウイルスの後遺症と後遺症からの発症が確認されている筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の研究と社会的支援を進めていただくため、請願のための署名活動をしておりました。
おかげさまで25,000人・衆議院参議院合わせて約5万筆ものご協力をいただきました。
ご協力くださった方々・お声掛けくださった方々、ありがとうございました!
請願までの作業としては、16日(日)に有明支縁会メンバーにてチェック作業を行い、後の仕分けは私がほぼ1人で行わせていただきました。
18日には23時半まで職場の大広間を借りての作業、昨晩は4時半までかかって仕分けと発送準備を行いました。
既に関わらせていただいている100名近くの全国の後遺症患者の方々が、動けないような大変な体の中で応援のメッセージを次々とくださいました。
みなさんのお役に立てればとの思いと、お心くださった方々の心を届けなければと、嬉し涙が出ながら作業をさせていただき、125名の議員の方に向けて、先程発送を終えました。
会社で署名活動にご協力くださいました、
株式会社九州ガスホールディングス 様
宅島建設株式会社 様
防護服支援先の高齢者施設の皆様
北海道小樽市はじめ北海道のたくさんの皆様
そして、ご協力くださったたくさんの方々…
本当にありがとうございました。
NPO法人有明支縁会理事長 草野紀視子
(NPO法人筋痛性脳脊髄炎の会理事)