筋痛性脳脊髄炎・慢性疲労症候群の方のお力になるために…

今日は、自ら筋痛性脳脊髄炎・慢性疲労症候群の患者でありながらNPO法人を立ち上げ、患者の方々のために社会保障と治療研究を進めたいと動かれている方をお連れし、長崎選出でもある厚生労働委員長の冨岡衆議院議員のところに、陳情に行かせていただきました。
現時点での厚生労働省内での見解に対しての問題や要望など的確にお伝えし、今後に繋がるためのお話ができたと思います。
しかしながら、きちんとした診断と治療・そして社会保障に繋がるためには、まだまだ難関があるようです。

以前よりお願いをしておりますが、署名活動にご協力をなにとぞお願いいたします。

また、支援活動などでご協力いたたいているNGO団体様にもご挨拶に行かせていただきました。
千葉県の方の現状をお聞きしましたが、台風の被害を受けたうえに、長期的な停電…とても大変な状況のようです。
あと1日休みが取れたら行きたかったのですが、物資も何もない状態では何のお役にも立てない…ボランティアセンターが立ち上がるとの情報も入りましたので、長崎からできることをしていきたいと思っております。