ボランティアバス第28便・長崎大学発

今回は、朝倉市の道目木という、お亡くなりになった方もいらっしゃる地区にある柿園にて、深さ40から50センチほどの泥出し作業をさせて頂きました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、植物、屋外、自然

大学生と一般の約40名で長崎から向かわせて頂きましたが、福岡のボランティア仲間の応援も頂き、目標であった「1日で終わらせる!」という事を達成することができました。
参加して下さった方々と共に、現地での移動や差し入れなどをして下さったボランティア仲間の方々に感謝しております。

初めての参加が半数ほど…
みなさんに人を助ける大切さや私の思いなどをバスの中でお伝えさせて頂きましたが、これまでの活動からNPO法人有明支縁会の仲間となって下さったメンバーと一致団結して頑張って頂きました。

行きの自己紹介では声が小さかった方も、帰りの感想の時には、みなさんが元気な声で「楽しく有意義な活動ができた!」「また参加したい!」と言って頂き、毎度の事ながら頑張ってよかったです!

まだまだ、泥出しなどの支援が必要なところがたくさんあります!
今後も続けていきたいと思いますので、ご支援ご協力をお願いいたします。

※今回の活動は、長崎県社会福祉協議会様・県民ボランティア基金様の助成事業として行わせて頂きました。