長崎県立長崎工業高等学校

     

 

昨年7月に長崎新聞社様から出して頂いたボランティアバス長崎第2便の募集記事を見て、長崎工業高校の先生が参加して下さいました。
その後何回も参加して下さり、新聞部や放送部の生徒さんを連れて来て下さいました。
その先生は、私の思いと行動を学校側に伝え、ボランティアの大切さを伝えたいと強く思っておられました。
私はその思いに応えるべく、校長先生方にお願いに行かせて頂いたところ、本日全校生徒と先生総勢1,000人を超える中で、私の活動と思いを講演させて頂ける事となりました。

内容としては、「ひとりで始めた支援活動と私の生きる道」という講演題とし…

1、長崎工業高校の生徒さんがNHK高校放送コンテスト用に作成して下さった私のドキュメンタリーと、NIB長崎国際テレビ様で特集して下さった内容を編集して頂いたものと、これまでの新聞記事などから、これまでの支援活動についてお話させて頂きました。

2、支援活動をする思いはどこから来るのかということを、自分の環境や生い立ちをさらけ出すことで伝え、それとともに親御さんの思いや自分の人生を考えるために普通に勉強できる環境を大事に、人を思える大人になって欲しいと伝えさせて頂きました。

私の講演を聞いて、22日の長崎工業高校発の参加者を募って頂きますが、すでに20名ぐらいは決まっているとのこと。
実際に参加できなくても、私の話から何かを感じてくれていたらなーと思います!

私の思いを伝えさせて頂ける機会を頂き、有り難い1日となりました(^人^)

 

 

7月22日の長崎県立長崎工業高校の生徒さんをお連れしたボランティアバス第17便…帰りに書いて下さった感想の一部を掲載させて頂きました。
正直、前準備や当日の熱中症などの体調管理・いろいろな面で大変な事もありましたが、総勢80名の皆さんが同じような事を感じて下さって、私もとても嬉しかったです
応援しています!と書いてくれた生徒さんがたくさんおられました。
頑張りますね!
ありがとうございました!